キズパワーパッド 日数。 メーカー直伝!「キズパワーパッド」の“正しい”使用法|ウォーカープラス

乳白色の液体が漏れないように、パッドの大きさはキズの2~3廻り大きめ程度が宜しいでしょう。 正常な皮膚になったら、通気性をよくしたほうがいいです。 普通の絆創膏とどこが違うの? ・絆創膏は「傷を保護する」もの ・キズパワーパッドは「傷の治りを早める」もの よく見かける絆創膏は、傷を外部の刺激から守り、治癒の妨げになる細菌などから防御してくれるものです。 キズパワーパッドの上から、さらに絆創膏を貼るなど 自分なりに補強をしてみたりしたのですが どんなに頑張っても 2日が限界でした。 【怪我から3日目】 絆創膏・・すでにカサブタが出来ている パワーパッド・・ジュクジュクで本当にかさぶたが出来てない! 張り替えたら、白い部分が少し小さく薄くなってきた 【怪我から5日目】 絆創膏・・かさぶたがカピカピに硬くなっている パワーパッド・・だいぶ乾いてきたが、まだ体液は出ている模様、かさぶたは無し。 きれいに治す キズあとの原因となるかさぶたを作らず、潤いを保つため、きれいに治ります。 上手に剥がすコツは後ほどお話しますね! 貼り続けるのは3日まで 実は、キズパワーパッド自体には 消毒機能がないんです。 わたしはうっかり包丁で指を切ってしまった時の 切り傷に使うことが多いんですが、いざキズパワーパッドを傷口に貼ってから気付くんですよね。
78

それでも、汚れたり、お風呂でお湯にふやけたりすると、少しずつはがれやすくなってくるんですよね~。

2~3日に1回は、パッドを剥がして傷口を確認して、新しいものに貼り替えましょう。

キズパワーパッドだとこれが全くありません! 絆創膏よりも普段の動きをしても問題ないんじゃないかな〜! キズパワーパッドのデメリット 患部によってはすぐに剥がれてしまう キズパワーパッドって、水に濡れても大丈夫というところも売りにしていて、大丈夫な理由としては肌にぴったりとフィットするからなんですが、ぼくのように、変な場所を怪我したときはキズパワーパッドがしっかりとくっつきにくく、端の方から剥がれてしまいます。

傷あとがほとんどわからなくなったことも嬉しいですが、何より やけどを負ったあとの痛みが軽くなったことに一番驚きました。

化膿したり痛みが悪化したりする場合はすぐに使用中止する 最長5日間、続けて貼る事が出来ますが2、3日に1度は傷の様子を確認しましょう。