プロレスラー 死亡。 女子プロレスラー・木村花さん死去 「テラスハウス」出演、誹謗中傷浴びていた(THE PAGE)

ペロ・アグアヨ・ジュニア選手 Perro Aguayo, Jr メキシコののプロレスラーであるペロ・アグアヨ・ジュニア選手は、 2015年3月21日にWrestling in Tijuanaの試合でマニックと組んで、レイ・ミステリオとエクストリーム・タイガーのタッグマッチ を行った際に、ミステリオのドロップキックを喰らい頭部をロープに強打し首の頚椎を損傷し亡くなりました。

1996年にはIWA・JAPANに来日。

その時に練習生だった中西学、永田裕志、小島聡、天山広吉、安田忠夫は健介のシゴキを受けたと告白し、安田忠夫はインタビューで「当時新日本の合宿所にいた人間で 佐々木さんのことを好きな人間は誰もいないです」と述べた。

元プロレスラー 命日 : 享年 : 死因 : 国籍 :• 試合は中断されたもののラリー・キャメロン選手はリング上で亡くなりました。

あなたが見せてくれた明るく激しい戦いは今後も語り継がれることだろう。

ボクシング [5月28日 23:27]• photo• 野村さんのようにアスリートとして活躍した体力ある者でも、このような事故に遭ってしまうこともある。

見た目が派手な技、危険度が高そうな技は 確かにファンは喜びます。

82
インドネシア人の父と、日本人である母響子さんの間に生まれる シリーズ序盤戦では圧倒的な強さを見せ、タッグマッチながら アントニオ猪木から当時としては非常にレア 約2年ぶり な フォール勝ちを収めている
力道山の死後も、豊登とWWA世界ヘビー級王座を巡る激闘を繰り広げ、さらにジャイアント馬場を新たなライバルとして日本プロレスの人気外国人レスラーの地位を確保 プロレス [5月28日 11:14]• 大相撲 [5月27日 16:00]• ででに優勝
誰もが知っている外国人マスクマンでした 神奈川県出身
ルックスも華やかでファッション性に富み、リングの外にも人気が拡大しつつあった 元・第54代横綱、元プロレスラー、 命日 : 享年 : 死因 : 国籍 :• ブルーザー・ブロディの刺殺事件 アメリカ合衆国のプロレスラーであるブルーザー・ブロディは、1988年7月16日にプエルトリコ・バイヤモン市での WWCの興行中のドレッシングルームでカルロス・コロンとトラブルが発生しカルロス・コロンの配下のレスラーである ホセ・ゴンザレスにより刺されて死亡しました
女子プロレスラー、 命日 : 享年 : 死因 : 国籍 :• 63歳だった 」と投稿していた
その後で選手としてデビュー 元プロレスラー 命日 : 享年 : 死因 : 国籍 :• 所属事務所が4日に発表した
原因は硫化水素の発生とのことだった」という 1999年3月31日に福岡市で行われた吉田万里子との試合中に、 キーロックをかけた状態から持ち上げられマットに落とされた際に即頭部を打ち意識不明となりました
愛する人から自分の記憶が薄れていき、心労が重なり薬を過剰に飲んでしまったのか 、2009年6月13日
81

元プロレスラー 命日 : 享年 : 死因 : 国籍 :• 元プロレスラー 命日 : 享年 : 死因 : 国籍 :• 三沢氏にいつもの体の切れがなく、疲れていた様子だったので、大丈夫かなと思って試合を見ていた」と話す。

また、によると、三沢氏が意識不明となった瞬間、会場にいたおよそ2300人のファンからは「三沢、三沢」と応援する声が上がっており、搬送後も会場は騒然とした状態が続いた。

プロレスラー 命日 : 享年 : 死因 : 国籍 :• 暮れも押し迫った昨年12月27日、プロレス界に悲しいニュースが飛び込んできた。

毎日jp。

によると、この試合を見ていたという広島市内の会社員の32歳の男性は「三沢氏がバックドロップをかけられる前に体がよろめいていた。

プロレスラー 命日 : 享年 : 死因 : 国籍 :• 死因は広島県警広島中央署の検視でバックドロップを受けた際の頸髄離断と発表されました。

思い詰めている様子はなかった」と語った。

なお、ダグラス・デッジ選手は死亡事故以前、頭蓋骨を骨折する怪我を負っていたとも言われています。

ボクシング [5月27日 14:50]• プロレスラー 命日 : 享年 : 死因 : 国籍 :• 中西学選手 新日本プロレス所属の中西学選手は2011年6月に行われた試合中に、井上亘のジャーマンスープレックスにより 首を強打し中心性脊髄損傷となり長期欠場しました。

25