インビザライン アタッチメント。 インビザラインのアタッチメントとは?その役割も解説

そういった力を補助してくれる役割を持っているのが、「アタッチメント」になります。

79

アタッチメントはインビザラインの補助的な役割がある インビザラインにおけるアタッチメントの役割は、矯正する力を手助けするということです。

なお、マウスピースを外すときに痛みがある場合は、外し方が悪いかもしれません。

アタッチメント装着時の歯並び アタッチメント装着時の写真です。

これからアライナーが進むとゴムかけも始まってくるので、ますます違和感は感じると思いますが、根気強く頑張っていきたいと思います。

舌の方に少し垂れてきた液体がちょっと酸っぱい。

) アタッチメント が外れた時は場合の対処法 アタッチメントは矯正治療後に全て外すものです。

・ディープバイト用最適アタッチメント ディープバイトとは「 過蓋咬合(かがいこうごう)」とも呼ばれ、噛み合わせが以上に深い不正咬合の一種です。

アンカレッジ用最適アタッチメント 抜歯が必要な症例に対して適用されるアタッチメントです。

アタッチメントを付けるタイミング マウスピース矯正では、1~2週間に1度、アタッチメントを交換します。

しかも取り付けた当日か次の日という ものすごい早さで。

・口の中で違和感を感じる アタッチメントをつけた後は歯の表面にポコっと出っ張りができるので、内側の粘膜にあたり違和感を感じる方もいるかもしれません。

ワイヤー矯正の場合は4週間〜6週に一度の通院が必要ですが、インビザラインの場合1か月〜3か月に1度の通院で済みます。

50