笠井 アナウンサー の ブログ。 がんステージ4だった笠井アナ「私は昭和の患者だった」:朝日新聞デジタル

また、年齢や血液データなど予後不良因子の有無によっても生存率が左右されており、高齢者よりも64歳以下の若い年代の方が生存率は高くなっています。

編集部が選ぶ関連記事• 編集部が選ぶ関連記事• 6月に完全寛解し、7月から仕事に復帰した。

スポンサーリンク 目次• パスタに入れても美味しいですよ。

私も3年前に癌を告知され凄いショックでした。

症状が一時的、または永続的に縮小・消失している「寛解」は「もう少し先」としていたが、ついにうれしい診断結果が出たという。

全身的な症状としては 発熱、体重の減少、盗汗(とうかん:顕著な寝汗)を伴うことがあり、これらの3つの症状を「B症状」といいます。

12月より入院、治療を始める。

抗がん剤」と切り出す。

『余命半年』と言われるもその後 克服し女優復帰 悪性リンパ腫といえば女優の大谷直子さん。

35 48
直後、ステージ4の悪性リンパ腫であることが発覚。 特に早いスペースで歩いているわけでもないのに 笠井信輔アナウンサーだけが歩くペースが遅れ始め、「笑顔がなくなった」「目の下にはクマがあった」「肩が痛いと言っていた」など、今思えばこの番組での笠井信輔アナウンサーの体調が悪そうだったのは病気の影響だったのではないかという声があがっているそうです。 悪性リンパ腫とはどんな病気? 悪性リンパ腫は血液中のリンパ球ががん化する病気だそうです。 だけど、どん底でも光はあり、新たな出会いが必ずあるものだとつくづく思いました。 笠井信輔さんは、今年9月までフジテレビ社員だったので 定期健康診断はもちろん受けていたと思いますが 有識者によると、健康診断では悪性リンパ腫は見つけにくいとのことです。 笠井さんも5キロぐらい体重が減って、体に異変を感じたそうです。 3%でした」(前出・医療系ライター) MCの小倉智昭から、病気を公表した理由を聞かれた笠井アナは「ワイドアナウンサーとして芸能人や有名人のプライバシーを取材してきた自分が、そっとしておいてほしいというわけにはいかない」と言い切った。
8