ガナッシュ 牛乳。 手づくり基本テクニック[手づくりの基本(チョコ)]|ガーナ|お口の恋人 ロッテ

泡立て器ではなく、ゴムべらや木べらで生地の気泡を消さないように、ねらないように混ぜることを言います。

では早速、牛乳を使うガナッシュの作り方を解説する。

焼けたら熱いうちに食べるのがおすすめだが、もし冷めたら600Wのレンジで、1個につき20~30秒ほど温めれば美味しく味わえる。

黄色いバターが白っぽくなったら、ふんわりと軽くなった証拠です。

黄色いバターが白っぽくなったら、ふんわりと軽くなった証拠です。

【実験1】ガナッシュの乳化 カカオ64%のクーベルチュールに対して、1割量のバター、1割量のトリモリン(転化糖)を入れ、8割量の生クリーム(乳脂肪分35%)を沸騰させ、混ぜ合わせていく。

つける時間は10秒位ずつ、当てながらゆっくり混ぜましょう。

2014年7月19日閲覧。

熱々でいただくフォンダンショコラですが、プレゼントもo. 2の溶かしバターを加え混ぜ合わせたら、薄力粉とココアパウダーを振るい入れ混ぜ合わせます。

30

冷蔵庫から取り出した時は層になってスパッと分かれている。

薄力粉を加えて粉っぽさがなくなるまでよく混ぜる。

・生地を型に流し込む際は、液状部分を先に、メレンゲ状の部分を後から流し込み、上部は泡立て器で少し混ぜ合わせて平らにします。

焼きあがったら、型のまま粗熱をとり、さらに冷蔵庫で2時間程度冷やしたら完成です。

また、この後、温めた牛乳を加えることが多く、しっかりと空気をふくませることで卵黄に火が入ってしまうのを防ぐ効果もあります。

一方、最も融点が高い安定なVI型は、融点が高すぎるために口の中で融けにくく、ざらつき感がして風味を損ない ます。

低めの温度で、時間をかけて溶かした方が、なめらかに溶けます。

ホイップしたクリームと混ぜてムースショコラやロールに使ったり、液状の生クリームを多めに加えてソースにしてアイスにかけても良いでしょう。

7