呪術 廻 戦 ネタバレ 137。 【呪術廻戦】137話あらすじ・ネタバレ【乙骨憂太現るも、処刑執行に動き出す】

「怪我はない?」と優しく女の子に問いかけたのは 乙骨憂太(おっこつゆうた)で、呪術廻戦0巻以来のまともな登場となりました。 子供の目の前だったのもあり、乙骨はリカに 『やりすぎはダメだよ。 呪術廻戦137話ネタバレ 乙骨憂太登場! 銀座のとあるコンビニの前で、お弁当を食べる女の子。 女の子とその謎の人物でしばらく話をしていると、女の子は謎の人物に近寄ります。 乙骨は総監部に「これでアナタ達の命令に従うと分かったでしょう」と話す。 呪霊は 「お母さんもお父さんもお姉ちゃんも弟も先生もいるよ」と返事をするが、少女は 「私に弟はいないよ。 紛れもなく 最強の呪術師である五条悟。 リカちゃんはホントに里香ちゃんなのかも分からんし。 そもそも宿儺の指を20本喰った状態の虎杖悠仁が、仮に宿儺に体の主導権を握られた場合は五条悟ぐらいしか対抗できる人間がいません。
38 64