日本 シップ ヤード。 「オールジャパン構想」で韓・中勢に勝てるか 造船業界に「新たな再編段階」: J

(06月07日)• 環境負荷の低い代替燃料船などの研究開発も進める。

「海事産業の発展に力」今治造船・JMU連合船出 2021年1月6日 日本経済新聞 今治造船(愛媛県今治市)とジャパンマリンユナイテッド(JMU、横浜市)の共同出資会社で、船舶営業・設計の日本シップヤード(東京・千代田)が発足した。

取締役 設計本部副本部長:杉岡 寛• 顧客の要求に合わせてどちらでも建造できる体制が強みといえます。

独禁当局の審査が完了した今年1月、350億円の増資を実施した。

また、コンテナ船などではJMUがまだ建造していない2万TEUサイズなどを今治は建造しておりますので、むしろ製品ラインが増加したと言えるでしょう。

2社を合わせ建造量の国内シェア5割 この日の発表会見で、今治造船の檜垣幸人社長は「いい品質で最先端の船を誰よりも早く造る」、JMUの千葉光太郎社長は「今治造船の規模と販売力を、我々の人材や技術と融合すれば強い会社になる」と述べ、提携の意義を強調した。

今治とJMUがこのような問題に合う可能性を否定できません。

今回の提携でLNG船が対象外になったのは、今治が三菱重工業とLNG船の営業・設計の合弁会社をすでに設けているからだが、その三菱は創業の地であり大型船の主力工場である長崎造船所・香焼工場(長崎市)を大島造船所に売却することになった。

nui-icon-text--link-as-button :hover. また、今回の水素供給インフラは船舶向けの利用だけに留まらず、海洋施設の建設等での活用や、自然災害等による陸上からのエネルギー供給網の途絶に対応する自治体の BCP 対策としての利用も視野に入れる。

建造船種 建造船種についてはそれほど大きな変化はありません。

今治は船の百貨店を目指すというように小型から超大型までの全てのサイズ、船種を建造できる体制にあります。

92 82