カルボ システイン 250。 カルボ システイン 錠 250

また、ムコダインと非常によく似た薬としてクリアナール(一般名:フドステイン)があります。

用法用量としては、成人では1回500mgを1日3回投与します。
子供や赤ちゃんには、やなど飲みやすいタイプのものが作られており、痰切りや咳、鼻水などによく処方されます。 必ず、処方された量をしっかりと飲み続けることが大切です。 そのため、気管に対する作用と同じように炎症で傷ついた鼻の粘膜を修復したり、鼻粘膜の働きを活性化させて鼻水や膿などを流れやすくします。 この例における洗剤のように、水と油の両方に溶けやすい性質を持った物質を「界面活性剤」と呼びます。 ムコダイン(一般名:カルボシステイン)の飲み合わせ アレルギー性鼻炎(花粉症)や咳症状など幅広く活用されるムコダインですが、あくまでも痰切りの薬であり、去痰作用だけを期待できます。
64 20