塩化 アンモニウム 水 酸化 カルシウム。 塩化アンモニウム+水酸化カルシウム

そもそも、何で固体同士の反応が主な製法として選ばれたのでしょうか? 塩化アンモニウムは水に溶けるし、 水酸化カルシウムは水に少ししか溶けないけどここで問題なのは強塩基であることなのですから、(弱塩基の遊離) どちらも水溶液の状態にして混合してもいいんじゃないでしょうか? その方が、試験管の破損などを心配する必要もないと思うのですが。 28 66

これは生成する炭酸カルシウムが水に難溶性であるためである。

酢酸ナトリウムは,次のように電離して酢酸イオンとナトリウムイオンを生じます。

たとえば、と反応して水とを生成することができる。

その熱は大きく、としてよく用いられる酸化カルシウム(生石灰)に水を加えることは危険である。

この式から,塩化アンモニウム水溶液が酸性であることがわかります。

31