鬼 滅 の 刃 妄想 小説。 鬼滅の刃(小説版) (きめつのやいばのこうしきしょうせつ)とは【ピクシブ百科事典】

任務で負った傷を癒すため、とある村に滞在していた炭治郎、善逸、伊之助、禰豆子の四人。 71

21巻では実弥とその弟・玄弥の涙なしには読めないやりとりが描かれるが、実弥が玄弥についてどんな想いを抱いているのかが「風の道しるべ」ではより詳しく書かれ、また、粂野との関係を背負って戦っていたということが、やはりコミックスを読むだけ以上に、よりわかる。

学園内で噂されている怪事件を調査するために、新米教師のカナエを中心として校内を調査することになる教師陣たちの物語。

原作では、宿敵・鬼舞辻無惨の屋敷に鬼殺隊が突入し、無惨直属の上弦、下弦の鬼たちとの戦いが始まると、物語の速度を削がないように回想シーンは展開上、あるいは作品のテーマ上、絶対に語っておかねばならない最低限のものに絞られている印象があるが、とはいえ本編で描ききれなかった各人の想いや関係性、過去がある。

閲覧は自己責任でお願いいたします。

その為に、本シリーズはただの漫画のノベライズではなく、「鬼滅の刃」という物語をより深く理解する為の重要な補完的役割を担っている。

善逸の修業時代に起きた慈しくも切ない思い出話。

藤の花の家紋の家の「ひさ」に頼まれて、とある婚礼の儀に出席した炭治郎は、美しい花嫁を見て禰豆子の未来を悲観します。

そして善逸… 小説なのになんでそんなにガヤガヤうるさいんだぁぁぁ!!! 絵がないんですよ?活字だけなのになんでそんなにうるさいの? 笑 とまぁ、読んでいて善逸にツッコミが止まらなかったわけですが、全体を通してみても面白いので読んでない方は読んで欲しいと素直に思えます。

「刀鍛冶の里」編で壊れてしまった戦闘用絡繰り人形「縁壱零式」を修復する為に、無一郎と小鉄が挑む話。

42 29