ミャンマー ロック ダウン。 海外事情、ミャンマー近況、ロックダウンが自然消滅?

28日、ミャンマー政府は各種国内制限措置と入国制限措置を、0~4時の夜間外出禁止など一部の緩和された規制を除き、10月31日まで延長すると発表しました ミャンマーでは、総選挙が予定通り行われない場合、直ちに暫定政権へと移行することが法律によって定められているのです
ミャンマーでは4月に施設での隔離期間を14日から21日に延長していましたが、第2波の拡大により隔離施設が不足してきたことと、新型コロナウイルスの感染力は14日経過後に消失するという海外の研究結果を受け、隔離期間の短縮を決定 そんな中、ミャンマー商工会議所連盟はヤンゴン管区の企業に対し、事業の継続を希望する場合はオンラインで申請するようにと公表しました
11月28、29日に、ミャンマー政府は、外出時のマスク着用義務や、0~4時の夜間外出禁止、集会禁止、入国ビザの発給停止などの各種制限措置について、これまで緩和された措置を除いて、12月15日まで延長すると発表しました 要は国民一人一人がマスクなどルールを厳守すること以外に方策はないと思います
ミャンマーの新型コロナウイルス感染症の予防・抑制・治療に関する中央委員会はヤンゴン管区の全ての飲食店に対し、8日から店内飲食を再び禁止しました 早く終結して頂かないと非常に不味い状態になります
(安藤裕二). 書類一式提出した後に、タクシー代の名目で10,000Ksを係員に渡すと、以下書面を発行してくれます ただし、便数は限定され、感染が拡大している第2の都市マンダレー、マンダレー管区に位置するニャウンウーは除外されました
(3) 原材料及び裁断・縫製・梱包(CMP)受託方式による工場及び作業所で勤務する職員は、9月24日から10月7日まで通勤を許可しない ミャンマーの新型コロナウイルスの感染者数は、4月21日時点で111名となっています(WHO参照)
夜間外出禁止令は期限が出てなかったが,6月22日までということになった これを受けて、ミャンマー当局は国際線旅客機の着陸禁止措置の期限を30日まで延長しました
18日より、タイ北西部のターク県とミャンマーとの国境が閉鎖されていることが判明しました ) 飛行機はかなり制限された形でミャンマー日本間が運行されるようですが、また、5月はどうなるか解らないという状態です
また、同日、ミャンマー電力・エネルギー省は、4月に開始した家庭用電気料金の一部無料化の期間を12月31日まで延長すると発表しました 8月25日に市中感染が確認されて以降、第2波の拡大が止まらないことを受けての措置です
74

違反すると、閉店や営業免許取り消し、罰金、禁錮刑などの厳罰が科されます。

【4月23日更新】 4月23日現在、ミャンマーの新型コロナウイルスの感染者は121名、死者は5名と報告されています(WHO参照)。

新たな規制が導入される中、国内需要は鈍り、国際需要もまた冷え込んでおり、マネージャーはインド、タイ、ベトナム、カタールを含むアジア市場からの需要が減少していると報告している。

マイク着用、外出自粛などを呼びかける車両もいるようです。

ミャンマー航空当局は、新型コロナウイルスの感染防止策として行っている国際線旅客機の着陸禁止措置を8月末まで延長しました。

多くの企業が一時的な工場閉鎖及び労働者の帰郷を報告し、第一波中であった今年初頭を繰り返している」とHIS Markitの経済ダイレクターTrevor Balchin氏は述べた。

ヤンゴン管区の中でも感染者数が最も多いティンガンジュン郡区の飲食店は、すでに4日から持ち帰り営業のみとなっています。

対象となるのは、事業継続が許可されている27業種(金融業、ガソリンスタンド、食品事業、医薬品および医療機器事業、飲料水事業、日用品や衛生用品を生産する工場、運輸・通信に関係する事業など)以外の事業です。

9に低下した。

ヤンゴンには10地区ありますが、自宅待機措置が取られていたのはマヤンゴンとインセインの2地区のみでした。

46