カムチャッカ 半島。 スタッフ釣行記/カムチャッカ半島 キングサーモン

かつて太平洋横断路線の航空機が途中寄港していた頃には土産物店や日本料理店を営む若干の日本人が居住していた。 人の手が加わることなく、有りのままの自然が残る日本の隣国ロシア極東部。 日本は(大正14年)にを締結してソ連をし、ソ連側はポーツマス条約による日本の漁業利権を承認した。 7年()、加陽・豊島毅らによってカムチャツカ半島を含む全蝦夷地を明記した『改正蝦夷全図』が作成された。 ヒグマはテントを外から押し続け、中学生が内側からキックで応戦すると、ささやぶに逃げたという。 大陸にも日本の領土があるため「日本は島国」と言われなくなっていたかも。 5月から10月の間、雪の覆いが溶けて死のガスが解き放たれ、この場所は天然の殺し屋になる。