花魁 道中。 花宵道中 : 作品情報

74

夜見世に出る直前、桂山から三津の訃報を知らされショックのあまり、客を帰してしまい桂山に叱責される。

京都島原「太夫の道中」 まず花魁道中の始まりとして、お客さんから招かれた太夫 たゆう が、妓楼 ぎろう から揚屋 あげや へ移動する「揚屋入り」を行う際の移動のことを「 太夫の道中」と呼んでおりました。

他の遊女に通ったことがわかると、客を吉原大門のあたりで捕らえ、茶屋に苦情を言った。

即使是迎接客人時所穿的和服檔次也非一般藝妓所能比擬。

売れっ子の桂山を妬み、角海老楼への見世替えを願っている。

茶屋の主人(ちゃやのしゅじん) 八津や水蓮が利用する、茶屋を営んでいる。

33 1