ベスト カー。 ベストカー

別冊ベストカー• いいじまみのるー1973年生まれ。

JMPA が2018年10月1日から2019年9月30日にかけて集計した結果によると、同誌の印刷証明付部数は217,875部であり、日本の自動車雑誌としては最多となっている。

スバル・レヴォーグ 2代目レヴォーグは2020年10月15日に発表。

SUBARUに脈々と受け継がれる「より遠くまで、より早く、より快適に、より安全に」というグランドツーリングのDNAを継承。

これまで「年齢」や「性別」や「収入」で区切られていた読者層が、「住んでいる場所」に変わっているイメージですね。

(昭和60年)に誌名を現在の『ベストカー』に改称し、月2回刊(毎月10・26日発売)とした。

2021年5月3日閲覧。

脚注 [ ] [] 2021年5月3日閲覧。

スバルが新型レヴォーグでデビューさせる新世代水平対向エンジン、CB18型1. bestcarmagazine -. なお、本年度のイヤーカーならびに部門賞は、12月7日の最終選考会にて発表される。

57
。 『ベストカー』を志望して講談社ビーシーの前身たる三推社の門を叩くも、中学・高校時代に「釣り研究部」に所属していたこともあってか、1997年にアウトドア雑誌『FENEK』編集部に配属される。 関連項目 [ ]• (4年)3月に通巻300号となり、このころ発行部数が30万部を突破、の自動車雑誌となった。 ベストカーガイド• i-MMDの小型化や、レーダーを使わずに構築された新方式のホンダセンシングの採用、ボディやサスペンションも、感性に訴える性能を与えるためにホンダ開発陣の持てる総力を結集して作り上げられた。 2021年5月3日閲覧。 次点は『』(160,000部)、『』(121,857部、印刷証明付部数)で、いずれも20万部に満たない。
17