アマガミ。 アマガミとは (アマガミとは) [単語記事]

エクストラブックを除く各表紙は、キャラクターデザイン担当・合田浩章の描き下ろしによるヒロインイラスト 休3「ヒロインは見ていた」イベント(3択)にマサと共に登場し、主人公へ質問をしてくる
やがて七咲は純一に不安そうに告白する このシステムにより、比較的容易に二股以上の恋愛関係を作り出すことができるものの、ゲームにもたらす影響は従来作よりもはるかに深刻で、場合によってはどんでん返しの結末を生むこともある
白泉社『ヤングアニマルあいらんど』no. 著者:• 吐く息も白くなり始めた初冬のある日、はるかの卒業が迫りつつあることに気付き、2つの苦手意識を克服しようと心に決めた純一は、さまざまな女の子と出会い、行動を選んで付き合いを深めた末、クリスマスを迎えることとなる 自分のことは「みゃー」と呼んでおり、性格は猫そのもの
だが、詞は姉の 絢辻縁と確執がある様子で、何か秘密があるようだった 逆を言えば空気が読めないほどのマイペースで、作品中、はるかと一二を争う重度の天然ボケ
普段はで口数も少なく、クールな態度を取る 更に、のが上下し、Hi、d、Lowので会話が進んでいく

白泉社『ヤングアニマルあいらんど』no. (CV:) サブキャラクター• 意図的に崩した、粗い絵柄による過激ギャグ作品。

直前編のヒロインから逆順に登場し、該当ヒロインが最終6番目となる。

(CV:)• 意図的に崩した、粗い絵柄による過激ギャグ作品。

口癖は「ははっ 妙に甲高いで 」。

その理由は兄と親しくしていることと、はるかが巨乳であることに対する嫉妬だった。

塚原響(つかはら ひびき)は大親友であり、極度の天然ボケであるはるかを理解してくれている数少ない人物です。

また、ゲームや漫画好きで、放課後はしばしばを訪れ、妹が持つ少女漫画も愛読している。

前々作『』と前作『キミキス』が夏を描いた作品であるのに対して、本作は冬が舞台となる。

97 59