グリーン ネックレス。 グリーンネックレス(緑の鈴)と斑入り種の育て方

土の表面だけが濡れる程度では、かえって植物を弱らせてしいます。 真夏は根が傷みやすいので肥料は与えません。 はさみは雑菌や細菌がグリーンネックレスに移る恐れがあるので、必ず熱湯で消毒しておいてください。 脇芽が出てきて、半年ほどすれば鉢いっぱいにグリーンネックレスが広がります。 培養土は、サボテン用でも構いません。 ころころとした緑色の球は多肉化した葉です。 手で分けにくいときは、ハサミでカットします。 グリーンネックレスは、地面をはうように成長していき、鉢から四方八方に長いつたを広げます。
株分けの適期 株分けも挿し木同様、生育期である寒さがひと段落する3月中下旬~6月中旬と、暑さがひと段落する9月中下旬~11月中旬頃が適期です。 因みに花はご紹介後カットしました。 また、適度に酸素が含まれた土は、土に保温効果や断熱効果が生まれるため、冬の寒さや夏の暑さなど急激な気温の変化から根を守ってくれる働きがあります。 ここではグリーンネックレスをオシャレに飾るコツを3つのポイントに分けてご紹介いたします。 グリーンネックレスは、 鉢から垂れ下がるような姿をイメージしますよね。
71