霧島 ロミン。 霧島ロア (きりしまろあ)とは【ピクシブ百科事典】

《砕光のエスパレイド》• また、ガクトと共にツッコミ役も担う。

一番の友達…なのだが扱いが雑。

ではしい例である その為にオーティスが現れると察した七冥館でライブを開いて遊我(達)をスペシャルゲストとして招待し、 のハッキングによる検索エラーを絡めて遊我の不正疑惑を演出して狙い通りおびき寄せた
大人とデュエルして実力を付けたルークも「今まで出会った中で、最強のデュエリストかもしれん」とその実力に戦慄した 2021-06-04 17:00:00• 2021-06-05 12:05:06• 自分のやり方で窮屈な世界をぶっ壊すべくライブ活動を始め、 ロアロミンを結成して大衆の人気を集めていった
生贄によって呼び出された悪魔は相手の力を奪い、そして更に強大な悪魔を呼びたす為の生贄となる 霧島ロミンとは、に登場するである
そんなデュエリストの風上にも置けぬリアリストぶりをこれでもかと発揮してきた 御前乃ウシロウの怪談デュエルでルークをビビらせたり、 ロミンのお腹を極限まで空かせてストレスを爆発させたり、 セブンスロード・マジシャンが不正カードかもしれない事をにおわせて遊我の反則負けを狙ったりと自分が優位になるようデュエルの外から策略を張り巡らせた
七冥館でのライブのスペシャルゲストとして遊我を招き、ラッシュデュエルの所有権を賭けた3対3のチーム戦を開催 デュエルに勝利した後、ラッシュデュエルを辞めることをやめると遊我達に伝えた
エースモンスターは「プリンセスG」から受け取った《彩光のプリマギターナ》です 現時点でこの状態のロミンを下したのはデッキの相性が悪いのみ 「ルォックンロォォォォォォォル!!!」 との戦いの後、プリンセスGがラッシュデュエルの問題でゴーハから解雇されたことを知り、一時は自分もラッシュデュエルを辞めると宣言し、最後の相手として遊我にデュエルを申し込む
本当は自分ひとりじゃできない チームバトルロイヤル編、ついにロアとロミンの戦い… スタジアムに戻ってきた月太とウシロウが見ている中、ロミンのモンスターの猛攻を受け、マイクを落とす 「何故俺様ではなく王道遊我だったんだ」全てはその答えを得るために
2021-06-03 18:00:00• 本人は無自覚であるようで、これがきっかけでチームバトルロイヤル編ではメンバーとなった月太とウシロウが自分の元を去る事にもなってしまった 2021-06-05 12:04:46• 相手にカードを引かせたり捨てさせたりする事を得意とする
73
そのデュエルの中で、が密かに忍ばせていたCAN:Dから好きなことを諦めない心が夢へと繋がることを知り、今までの 我慢から 我儘な自分でいると決意 初のである
だがロアロミンの七冥館ライブの翌日、遊我にあっさりバラされ絶叫した 《断絶のサイコウォール》• さらにちょっと気味
- 概要 であるのであり、同じく小学五年生 《ライブドレス・クリエイター》• 自分が窮屈と感じたデュエルの新たな道を切り開いたデュエルの王は、あの時選ばれた王道遊我だった その事はロアのコンプレックスを再度爆発させるのに十分過ぎる起爆剤だった
:マンションを台無しにされた なおではないとしては、に続き3人であり、2作ぶりの非である
関連タグ :選ばれた者 どこかびており、系な印を持たれるが、感情自体はよく表に出す
実際、デュエルそのものは未経験者であり、3話ではアドバンス召喚の細かい仕組みやリリース、魔法・のセットする意味について知らなかったが、説明されたことは一度で理解している、ラッシュデュエルにおいてドローフェイズのシステムを考えて、敢えて手札を減らしておくなど、初経験ながら知的なプレイングを披露した 2021-06-05 12:03:43• 《2ブロック》 昔は引っ込み思案で人前に出るのが苦手だったようで、音楽活動をするロアを陰から見ていることしかできなかったようですが、憧れのギタリスト「プリンセスG」から受けた影響により克服しました
余談 名字の「」はとも読めるようになっている 「プリンセスG」解雇のニュースを知った時は一度はラッシュデュエルをやめようとするも、「プリンセスG」の導きにより好きなことは取り入れる、我慢はしないと「ラッシュデュエルをやめること」「我慢すること」をやめました
2021-06-05 12:06:36• ちょっとヤンチャな俺様王子 自分を目立たせる才能があるらしく、バンドメンバー内で一番人気 関連動画 関連項目• また、自分を偉大と称するだけあって「キングス」とついた魔法・罠カードを多数使用する
使用デッキ 11話で初披露 邪魔する奴をで寝かしつけ、自分のライフを操作しエースカードの力を発揮する
故にロアにとってラッシュデュエルとは選ばれた者の王の証であり、 ロアが遊我に言った「君と俺様とでは住む世界が違うって事さ」とは選ばれた者へのコンプレックスの表れだった 2021-06-05 12:03:47• その身勝手さと周りを惹きつけるカリスマ性はまさしくの気質
3
ロアの言いなりになってスパイ活動を行っていたのも、 ガクトの歌に対するカイゾーの「オンチデス」にショックを受けていたのも、 「歌はNG」と頑なに拒否していたのもその事を知られたくないから 2021-06-04 18:00:00• 2021-06-05 12:06:20• 「突き進もうよ!もっともっと!!」 素直になれないながらも激励を受け取ったロアは、七冥館最高のデュエルとライブを繰り広げた
で自分の命を燃やして味方モンスターを盛り上げ、 自分から窮地に追い込んだ所での効果で相手モンスターをぶっ潰す 自分勝手 幼馴染の月太を始めとする他のメンバーの事を大切に思っているようだが、実際には自分の目立ちたさが裏目に出てしまい他人を傷つけてしまう事もある
《サイステージ・バウンサー》• 更新された記事• それは決して褒められるものではなく、選ばれなかった事で卑屈になり過ぎていたのは間違いない 2021-06-03 17:00:00 人気の記事• プロフィール CV 人物像 人気バンド「」のボーカル兼リーダー
クールに振る舞ってはいるが、後述の理由で監視していたとは言え遊我たちと共に行動するときは質問にも答えられる範囲で真面目に答えたり、新聞部での騒動のデュエルでバクローが敗北したときはしっぺ返しの様に敗北のインタビューを真似るなど、付き合いは良く仲間想いの優しさを持っている カード名は考察記事にリンクしているので、カードの詳細を知りたい人はチェックしてみてください! ラッシュデュエルカード モンスター 下級モンスター• 成績優秀、スポーツ万能と絵に描いたような完璧超人
2021-06-05 11:52:36• 魔法カード• :素直じゃない所が共通しているいとこ 関連タグ :いとこ 関連記事 親記事 pixivision• 因みにお腹が空き過ぎる等の要因で我慢が限界に達すると周りがドン引くほど狂暴化する
デュエルには興味がないとしており、デュエルの知識も全くないようだが、を生み出そうとする遊我を隠し撮りしたり、「リアルタイム・デュエル・プログラミング」の存在を知っていたりと不可解な言動をとっている いとこのロミンの秘密を知っている事を利用して、 「デュエルの王」を選定する遺跡の噂をルークに吹き込ませたり、 「リアルタイム・デュエル・プログラミング」の事を教えたり、 遊我や石碑の跡の隠し撮りをさせたりしていた
2021-06-05 12:04:44 新しく作成された記事• ロアにとっては「王の証」 エースカード含めて大体のモンスターが守備力0なのも特徴
ロアは自分が選ばれなかった理由をどうしても知りたかった :幼馴染にして初期のバンドメンバー
まるで3人のライブのようであった だがに関しては本人はではないようであり、がないと度々言っているようだが、「のことならで決着をつければいい」などでよくあるはあり、の自体はの基準を知らなかったなどな様子を見せていたが、他のの知識自体はりに知っているようにも取れ、そして度々遊たちをですることもあり、に包まれている
:遊我の発明 何故選ばれなかったのか
9