鶏 レバー レシピ。 【簡単レシピ】「トロふわ鶏レバー」が美味すぎる!お湯に放り込むだけの超手軽レシピ!

鶏レバー 正味100g程度 牛乳 125cc 水 125cc 塩 10g バター 65g〜70g ブランデー おおさじ 1 昔は本当にいろいろなものを入れていたんですが、だんだんシンプルになってきて現在はこんな形に落ち着いています。
水にさらし終えたらざるに上げ、鍋にお湯を沸かします 続いて 水に10~15分ほどさらします(暑い時期、水がぬるければ氷も少し入れて)
トロふわ鶏レバーは超簡単! 元々はエッセイストの魚柄仁之助氏が紹介していたレシピなのだそうですが、作り方も本当に簡単なんですよ まだまだ暑い日が続きますが、皆さんお元気ですか? 貧血なんかになっていませんか? 私(記者)はそうめんばかり食べているからか、先日おもしろいほど連続して立ちくらみになり、あやうく違う世界に旅立ちそうになってしまいました
容器にうつしてラップをして冷蔵庫で3時間以上 さらに素晴らしいのは 白ワインの香りがレバーに移るところ
熱したフライパンでレバーを焼きます レバーを小さめにカットすることで内部の温度が上がるようにしているので、レシピに反して厚く切るのは絶対にNG
150g程度のレバーを買えば、心臓を抜いた正味で100g〜120gくらいです よく「作り方を教えてください」と言われるので、こちらで公開します
このレシピ開発のために、毎日鶏レバーを食べていたら、私(記者)は貧血から解放されました 2. 鶏レバーを5ミリ程度の厚さにスライスして、流水で洗い、血の塊を取り除く 3. 牛乳に漬けて冷蔵庫に入れて30分以上置く 4. 牛乳からレバーを取り出し、水気を切ってハーブソルトをたっぷりまぶす 5. 白ワインを小鍋に入れ、沸騰させる 6. 耐熱カップにレバーを入れ、沸騰した白ワインを注いで手早くスプーンなどで混ぜる
寒くてお湯が冷めるのも早いので、今回はチキンラーメンの土鍋を使用しました レバーペーストには心臓は使わないので、切り落とします
胡椒を加えて、味見をします 今回は塩は二つまみくらいにしたのですが、もう少し濃いめでも良いのかも
ここでフルール・ド・セルのような粒子の大きい塩を振ってもいいか、と思います 臭みが気にならなくなる上にワインが香る大人味になっちゃいます
30 58
フードプロセッサーがなければミキサーでも大丈夫 それで、これだけ美味しい鶏レバー料理が食べられるのであれば、コストパフォーマンスも非常に良いと思います
レバーの臭みはアラキドン酸という物質が酸化することによって生じます 用意するもの: ・鶏レバー ・塩 料理の方法: (1)鶏レバーを一口大に切る (2)鶏レバーを塩水に20分ほど漬ける (3)鶏レバーを沸騰したお湯に20分ほど浸す こ・れ・だ・け・で・す! 料理が苦手な人でも、間違えようがない気がします
3分で一気に煮詰めてみてください 鶏レバーを塩水に漬けた時間は約20分です(お好みで調整して下さい)
アルコールにはブランデーを使います まな板にキッチンペーパーを敷き、その上で鶏レバーをカットしました
こんな感じに、鶏レバーが仕上がっています スーパーや精肉店ではこんな風に心臓がついた状態で販売されていることが多いと思います
あとは、前記しましたが、とにかく新鮮なレバーを使ってください そのため、加熱はしすぎず、それも短時間で済ませるのがセオリー
まとめてで申し訳ないですがお返事します 中国料理では豚や鶏のレバーを高温の油に通しますが、油のなかであれば酸化は少ないわけで、理にかなっていると思います
15~20分を目安に、 煮汁が鍋底一面にうっすら残るくらいまで煮詰めます ザルに上げて完成です! ほんのりピンク色です! どんな具合に火が通っているのか、カットしてみます
一口大ということですが、一切れを3つくらいに切りました 次に牛乳、水、塩を混ぜた液体に30分漬けます
食べる時のことを考えると、もう少し小さくしても良かったかも 片面が香ばしく焼けたら裏返してブランデーを加えます
96