一 和 会 山本 広。 山本広(山口組)の現在まで!指・息子と自宅・引退後の生活や晩年も総まとめ

同年、『山口組ー知られざる組織の内幕ー』が放送され、竹中ら山口組最高幹部、山本広、加茂田ら一和会幹部などへのインタビューと共に、などの暴力団の手口が取り上げられた。 この席には竹中武を含めて直系組長86人が出席し、中西の決定については竹中武は異議を唱えなかった。 その後、が豪友会を継承したものの、3月2日には、違反・違反・で岡崎を逮捕。 『』(東映、、)• 反竹中派の山口組直系組長は翌日にも山菱の代紋を組事務所から外し、ここに分裂は決定的となる。 5月5日 加賀市山城温泉で山口組系紺屋組幹部2人が、一和会系加茂田組内宮原組傘下奥原組事務所に宅配便の配送員を装って押し入り、拳銃を乱射。 1月22日 和歌山市畑屋敷の交差点で、一和会系松美会内吉田組々員・松岡勤が、赤信号で停車していたところ、山口組系小山組内吉村組の幹部に銃撃された。 一和会の勢力は当初優勢だったものの、山口組の切り崩しの前に次第に弱体化していった。 1985年2月下旬から山本会長が内部の人間に対してさえ所在を隠し、4月14日に行われた定例会でやっと姿を現したくらいである。 山一抗争の影響 [ ] 稲川会の仲裁によって取り敢えず表面上は抗争終結となったが、終結に動いた渡辺・中西・岸本ら山口組執行部と、あくまで抗争継続の構えを見せた竹中武は対立していた。 双方ともケンカを欲してない」と述べ、のインタビューに対し、加茂田は「向こう(山口組)が来たらこちらもやる。
16 70