凪 の おい と ま 漫画 ネタバレ。 【あらすじ】『凪のお暇(なぎさのおいとま)』51話(9巻)【感想】

凪のくせ毛を気に入ってくれて、会えば必ず凪の頭を愛でてくれます。 マウントを取った足立さんは、自分のことを棚に上げて言葉で凪を責めはじめました。 母親に正面から向き合うと決めたはずの凪ですが、やはり引っ張られ気味の状況に陥りつつありました。 そんな時に、龍子から送られてきたパソコンでみんなとスカイプで会話することができるようになって少し救われた凪です。 ショックで過呼吸になった凪は、仕事も彼氏も家もすべて捨て、しばし「お暇」することを決意しました。 慎二に凪を救って欲しい! 慎二の忠告や同じアパートの住人のうらら母娘のサポートのおかげで、ゴン中毒から抜け出すキッカケを得た凪。
60
それを聞いたママも安心します。 その後も必死に話しかけるゴンに対し、「凪ちゃんのお母さん」という呼び方が長いのでやめてほしいという夕。 一方慎二も、両親と兄の影響で息の詰まる環境で育ったのでした。 あまった毛糸で髪飾りを作ってあげたり、「おやつの不味いビスケットでも牛乳をかけると甘く美味しくなる」と教え、二人で仲良く牛乳びたしのビスケットを食べました。 」と嬉しそうな顔をしたのです。 マサルの話もきちんと解決に向かって欲しいですね。 慎二は追いかけてきた凪の不意を突き、 ゴンに見せつけるようにキスをして、凪から平手打ちをくらうのでした。
34 5