ご 健勝 と ご 多幸 を お祈り 申し上げ ます。 「ご健勝」の意味や使い方の例文をご紹介|類語や使うシチュエーションも合わせてチェック

一方、「ご多幸」は、文書以外にもスピーチの結びのあいさつとしても使えます 「ご健勝」の意味は「元気で健康に優れていること」 「ご健勝」の「健勝」は「元気で健康に優れ、すこやかなこと」という意味を持つ言葉です
ビジネスシーンにおいては、挨拶状やお礼状、送付状の書き出しで非常によく目にする言葉です 企業や組織に向けてのあいさつの場合は、「清く栄える」という意味を持つ「ご清栄」を使うのが良いでしょう
3:「ご多幸(ご たこう)」 「ご多幸」とは、相手の幸せを願う気持ちを表現した言葉 そういったときにこの「ご健勝」という言葉が使われるので、こちらの例文も参考にしてください
「ご祈念いたします」「ご祈念申し上げます」はちょっとクドい 「ご」は尊敬語なので「自分の行動に対して使うのは誤りだ」という認識は誤りです 25、「西野様におかれましては、 ご健勝のことと存じます」 直前に人が来る前に使うケースが多いです
この「ご健康」という言葉は、「ご健勝」という言葉と同じ意味であり、「健康がすぐれている」ことを意味しています c Shutterstock. We pray you all being in good health. それでは皆様ご唱和願います
ですが、この「ご活躍」という言葉のあとに「期待します」という言葉や「楽しみにしています」という言葉を使ってしまうと、目上の人にたいして自分が上から目線でものを言っているような印象となってしまうので、失礼になってしまわないように注意しましょう 「ご祈念いたします」「ご祈念申し上げます」は同じ動詞を二つの敬語で修飾しているので、厳密には二重敬語です
手紙でのご健勝の意味と使い方・例文 手紙の挨拶文などで目にする「ご健勝」という言葉について、正しい意味や使い方を知っていますか 例えば地域でお祭りを開催する際に集会を開いた際に「それではお祭りの成功を祈念して、一本締めさせていただきます」などと用います
・皆さまのますますのご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げます 季節ごとに例文を紹介していきます
ご健勝のことと ここからは、「ご健勝」が用いられた頻繁に使用される表現をご紹介していきます 」 日頃、お世話になっている方への挨拶、 何か用件がある場合の手紙やメールの 書き出しとしては最適です

・春暖の候、皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

「祈念」の意味は「祈り念ずること」 「祈念」の意味は「神仏に願いごとが叶うよう祈ること」「祈り念ずること、いのり、祈願」です。

なお、「多幸」のみで用いた場合には、「本人の状況に合わない爽快、幸福感を感じている状態」を表すことがあります。

結びや締めの挨拶として さらに適しているのが 「ご健勝を祈念いたしまして」 との表現です。

・本日は英語部の懇親会に参加いただきありがとうございます。

ビジネスシーンにおいては、一つの仕事の区切りがつき、しばらく会うことがない相手に向けたメールの中でよく使われています。

「ご健勝」は、相手に祝福を送る際に重宝する言葉になるのでぜひ覚えておきましょう。

「ご健勝」と「ご多幸」の意味の違い 「ご健勝」は相手の健康を願う意味で使用される言葉です。

94