とくさ の かげ ぼう じゅ つ。 『呪術廻戦』元ネタの数々 両面宿儺は「日本書紀」に登場する人物だった(マグミクス)

飛行することが可能なため空中戦や移動手段としても重宝されている。 その代わり、破壊された式神の術式と力は他の式神に引き継がれます(引継ぎに決まりがある)。 「奥の手」として、 八握剣異戒神将魔虚羅という式神を有している 応用力のある術式や宿儺さえも警戒させる術を持っているが、それらを十分に使いこなせないため、 宿儺には「宝の持ち腐れ」と評されている。 この時、釘崎を飲み込みそのまま連れ出しています。 また、 禪院家共通の特徴と思われますが、五条悟には及ばないものの最速の術師と呼ばれています。 見た目は巨大な蛇そのもの。

名前に壱が付いている 以上のことから、 直毘人の兄の息子であり、甚爾の兄ではないかと推察しています。

肉弾戦も相当強く15本の指を吸収した状態の宿儺を吹き飛ばすほど。

そして、十種の式神は最初から扱る訳ではなく、最初に与えられるのは玉犬の2匹のみ。

「死返玉」は死者を蘇らせる玉のことであり、「 由良由良」と唱えると発動するとのこと。

その後は使役した式神を駆使して、十種の式神を調伏していく そして、重要な点がもう1つ。

伏黒恵が当主となった場合誰かに利益があるのか? 禪院家では、跡継ぎ争いが起きていました。