鬼 滅 の 刃 201 ネタバレ。 鬼滅の刃201話ネタバレ!炭治郎が息を吹き返すが!?

次回は、禰豆子が炭治郎の元にたどり着くところが描かれると思います その瞬間に陽の光にあたりジュウウっと皮膚が焼ける音がして 炭治郎 たんじろうは「ギャッ」と悲鳴をあげてもがき苦しみますが、 それを見た 冨岡義勇 とみおかぎゆうは大声で叫びます! 「動ける者ーーーっ! 弟弟子であり、自分が過去を吹っ切れるようになったきっかけを作ってくれた炭治郎
「惚けるな 離れろ!!」 「でも 炭治郎が・・・」 苦しがる炭治郎 鬼化した炭治郎の手は差し迫ってきます・・・・ 鬼滅の刃の201話のを読んだ感想 炭治郎鬼化はまさかの展開でした
「ささいなことではしゃいで鈴を転がすように笑い」 「柱になるまで苦しい試練もあっただろうに」 「それを少しも感じさせない」 「君と話しているととても楽しい」 「まるで自分も普通の青年になれたようで幸せだった」 「きっと他のものも同じだった」 「底抜けに明るく優しい君は」 「たくさんの人の心をも救済している、胸を張れ」 「俺が誰にも文句言わせない」 と、語ります 炭治郎の攻撃はすぐそこに迫っています・・・!!!! ここで終了です
理由は 禰豆子 ねずこがすでに実証しているように、 鬼化してしまっても人間を殺さない理性は保ち続けれると思いますし、 炭治郎 たんじろうの精神力はものすごく強いと思いますので、 もしかすると、人間にもどった 禰豆子 ねずこが 鬼の時にしていた 竹の筒を今度は 炭治郎 たんじろうが咥えつつ、 まだ完全に消し去っていない 無残 むざんの細胞を 死滅させるような展開が待っているのではないでしょうか! しかし、の体となってしまったため炭治郎の体は陽の光で焼かれていく 富岡の、せめて「炭治郎が人を殺す前に」って考え方がカッコよかったです
驚く義勇に殴りかかる炭治郎!! 義勇は失血がひどくふらついてしまいました 「先生…あの日のことを私たちずっと謝りたかったの」 「先生を傷つけたよね?」 「でも俺たち逃げようとしたんじゃないんだよ」 「先生は目が見えないから守らなきゃと思って」 「武器をとりに行こうとしたんだ
禰豆子 外に農具があったから」 「私は人を呼びに行こうとしたの」 と、子供たちはその悲劇の夜の真相を話します そして、行明は今度こそ子供達と一緒に旅立つのでした… 伊黒と甘露寺 甘露寺を抱き抱える伊黒 甘露寺は 「伊黒さん…勝てた?」 と聞きます 伊黒は 「ああ勝った、無惨は死んだ」 と返します 甘露寺は、 「体が全然痛くないや…もうすぐ私死ぬみたい…」 それに対して、伊黒は 「俺もすぐ死ぬだろう」 「君は独りじゃない」 と返すと、 「伊黒さんには死んで欲しくないなぁ…私あんまり役に立てなかったよね、ごめんね…」 と言います 「そんなことはない、頼むからそんな風に言わないでくれ」 と言いながら、2人が初めて会ったときのことを話します 伊黒は、初めてお館様のお屋敷で甘露寺に会った時、あまりにも普通の女の子で救われていたのです ささいなことではしゃいで鈴を転がすように笑う甘露寺 そんな甘露寺と一緒にいると、伊黒は自分も普通の青年になれたように思えて幸せだったのです 伊黒の言葉に涙を流す甘露寺は 「わあああん、嬉しいよ」 「わたしっ…私、伊黒さんが好き」 「伊黒さんと食べるご飯が一番美味しいの」 「だって、伊黒さんすごく優しい目で私のこと見ててくれるんだもん」 「伊黒さん、伊黒さん、お願い」 「生まれ変わったら、また人間に生まれ変わったら」 「私のことお嫁さんにしてくれる?」 と泣きながら言います そして、伊黒も涙を流し 「勿論だ」 「君が俺でいいと言ってくれるなら」 「絶対に君を幸せにする」 「今度こそ死なせない、必ず守る…」 と返します 大きすぎる代償 そして、伊之助と善逸もなんとか生きているようです 隠が、 「富岡さん、富岡さん」 「ほんとお願いします、動かないで」 と言いますが、義勇は 「炭治郎はどこだ…炭治郎は無事か」 とただ炭治郎のことを探し続けます そして、義勇の前に炭治郎が… 炭治郎の姿を見た義勇は言葉を失います 炭治郎は、左腕は失い、右手は途中で折れた日輪刀を強く握りしめて、下を向いています 炭治郎のそばにいる隠が 「息をしていない、脈がない、炭治郎…」 と泣き崩れます 笑顔だった炭治郎を思い浮かべ、今目の前で息もせず座っている炭治郎を見て涙を流す義勇 「また守れなかった」 「俺は人に守られてばかりだ…」 「許してくれ」 「すまない」 「禰豆子」 「すまない…」 と、ただひたすら謝る義勇 そして、禰豆子は涙を流しながら、隠に誘導され炭治郎の元へ走っています 勝利の代償 それはあまりに大きく…. 何とか目を覚まして欲しい・・・!!. 何が起こったのかとっさに理解したのです
無惨の思惑通り、炭治郎は太陽の光を克服してしまったようだ そして唯一動ける伊之助が炭治郎を止めようと参戦
しかし、想いは人から人へと受け継がれ、無惨をも打ち負かしてしまいました そしてこの想定外の状況でも瞬時に冷静な判断を下せる義勇さん
あまりにも変わってしまった、鬼の炭治郎の姿に茫然と涙を流す善逸 伊黒と甘露寺の語らい 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」200話より引用 甘露寺が目を覚ますと、すぐ側に蛇の鏑丸が
11 12
鬼滅の刃201話の感想と考察 やはり、無惨はただ消滅しただけではなかったですね。 動ける鬼殺隊を集め、炭治郎を日の光で殺そうとする。 炭治郎の爪は鋭く伸び、よだれを垂らしながら鬼となって甦ったのです。 しかし、とっさに動いた 義勇が救いました。 「俺は人に守られてばかりだ……」 「許してくれ」 「すまない」 「 禰豆子 ねずこ」・・・ ーーー鬼滅の刃200話【勝利の代償】おしまいーーー seiyuuotaku. そして、 「炭治郎が 鬼にされた 太陽の下に 固定して 焼き殺す」 「人を 殺す前に 炭治郎を殺せ!!」 炭治郎の鬼化と鬼の王 日陰に隠れようとする炭治郎を、富岡は刀で突きさし止めます! そして、 「一瞬遅れたら 間違いなく 隠を殺していた」 「頼む このまま 炭治郎のまま」 「死んでくれ・・・!!」 涙を流す富岡!! しかし! 次の瞬間、 炭治郎の陽光灼けが止まります! 富岡に攻撃を加える炭治郎。 炭治郎を鬼にする理由が「私は滅びるが最後に鬼殺隊に最高の嫌がらせをしてやろう」じゃなくて、 「感動した!君に夢を託そう、信じてるぞ!」を本気の大真面目にやっちゃう(そして盛大に大迷惑をかける)ところがさすが無惨様。 その後場面は 嘴平伊之助 はしびらいのすけと 我妻善逸 あがつまぜんいつにうつり、 伊之助 いのすけを手当てしようとする 鬼殺隊 きさつたいの隠し達、 善逸 ぜんいつは 「頼む、俺が死んだら妻の 禰豆子 ねずこに愛してると伝えてくれ」 「そして俺は勇敢だったと…最後の最後まで 禰豆子 ねずこを…」と相変わらずですが… 富岡義勇 とみおかぎゆうは手当てしようとする隠し達の言葉を聞かずに 炭治郎 たんじろうを探します。 無慈悲な太陽克服と強さ。 炭治郎は禰豆子と血を分けた家族であり、あの縁壱という化け物と同じ呼吸を使う唯一無二の存在。 炭治郎の手を握りながら禰豆子のことを思って詫びる彼の姿が悲しすぎます。
34