一 巻 の 終わり。 豊饒の海

第十二帖 学の鼻高さん何も出来んことになるぞ、今に世界から正真(しょうまつ)が段々判り来て、あわてても間に合はんことになるぞ、今の内に神示よく肚に入れておけよ、この道には色々と神の試(ためし)あるから漫心するとすぐひっくり返るぞ、考へでは判らん、素直結構ぞ。

三島由紀夫 『三島由紀夫未発表書簡 氏宛の97通』 、2001年3月。

そこへ現れた暮人の手助けにより、真昼を追うため吸血鬼の都市がある京都へ向かう。

このお道の導きの親 尊べよ、どんな事あっても上に立てねばならんぞ、順乱しては神の働きないと申してあろがな。

しかし聡子は、清顕の想像を超えて清顕のことを深く愛していたのである。

百夜教 斉藤(さいとう) 「帝ノ鬼」と対立関係にある宗教組織「百夜教」の暗殺者。

日本の風習を嘲笑し、英国流を旨とする。

たどり着いた実家で父のメッセージを発見し、そこで問われた自身の任務を、グレンがいる東京へ向かうこととする。

『春の雪』()• だが、門跡になった聡子は、清顕という人は知らないと言う。

アメの神、カチの 、ゆわの神、ア の神守る。 装幀:。 9-I265 WA7-285 WA32-17 り-18 WA31-14 WA31-14 208-64 WA7-137 814-5 京-13 せ-106 WA25-22 京乙-61 WA25-25 ろ-29 か-105 は-72 寄別11-10 245-216 か-51 WB35-5 WA7-222 WA7-3 WA7-140 WA36-4 京-35 W89-N15 特1-1549 か-86 WA37-12 は-76 本別3-13 京-351 寄別11-44 117-18 特1-1520 WB2-10 WA7-266 WA7-266 166-181 WA16-135 WA16-110 WA35-24 り二-3 本別10-3 寄別10-38 804-29 WA7-88 本別14-2 WB38-1 WA7-159 817-4 806-35 207-1715 WA7-41 WB38-2 208-406 WA7-277 京-202 208-214 す-59 WB2-9 WA19-3 857-82 821-150 京-342 す-53 WA35-96 WA7-16 WB1-14 寄別6-2-1-3 821-13 WA35-34 WA35-56 京-306 寄別5-3-3-6 本別17-33 本別17-26 208-97 208-521 208-221 WA16-113 WB41-56 WA6-45 WA35-37 京-230 WA7-45 WA7-198 WA7-223 特7-118 ろ-83 WA37-9 WA16-76 WA35-47 寄別11-21 821-125 WA7-187 WA16-167 WA7-61 857-113 わ-49 806-12 WA21-26 857-117 856-9 WA7-279 858-36 寄別5-5-3-6 わ-31 857-112 WA16-142 WA7-263 857-120 856-10 WA21-13 WA7-272 WA7-274. 三島の自死による『天人五衰』刊行後には、磯田光一や田中美代子が、『豊饒の海』の前半では心情の純化や生の極限が描かれ、後半は認識者・本多が主人公となり、その結末は三島の死と表裏の関係があるとし 、は、死の主題への偏執や、個人を越えた全体への志向を指摘している。 『』における「」の「第六のラッパ吹き」に該当。 かつて松枝侯爵から無意識で言われたはずかしめに傷つき、松枝侯爵の紹介した縁組に聡子を処女で嫁がせるなと蓼科に命じていた。
40

三島は最終巻の取材のため、1970年(昭和45年)5月に、を訪れ、5月末頃に題名を〈〉に決めた。

三宮家出身のため出世の機会に恵まれているが、本人は活躍していないにも関わらず三宮家という理由だけで出世している事にコンプレックスを抱いている。

一時期はグレンの命で優一郎の監視役をクラスメイトを兼ねて務めていた。

337-339• また当初、第四巻の完結は1971年(昭和46年)末になるであろうと三島は述べていたが 、実際の掲載終了は三島の()により当初の予定よりも約1年余り早まった。

本多繁邦(18 - 20歳) 清顕の親友で同級生。

このやうな古今を貫く名作、比類を絶する傑作を成した三島君と私も同時代人である幸福を素直に祝福したい。

でよいぞ、ひふみゆらゆら いらんぞ、誓(ちかい)はその時々に依りてよきにせよ。

真昼の異母兄。

真昼が百夜教と内通することで起きた第一渋谷高校襲撃事件において、混乱に乗じる形で行方をくらました。