ポロネーズ5番 難易度。 Tyeesピアノ曲難易度感表0704

この曲も、初期のポロネーズ同様、三部形式で書かれていますが、特徴的なのは、中間部(トリオ)も主部と 同じテンポを保ち、力強い和音の連続に終始するところです こういう曲を自分のものにするには、技術的な才能はもちろん、日々のたゆまぬ努力とそれを支える強い忍耐力や精神力も 必要になります
現在発売されているポロネーズ集のCDの多くはこの7曲を収録しています ここでも右手の一番上の旋律と左手の主旋律の間には、やはり連続した和音があります
ここは意見が分かれるところと思います この曲の目処がついたら何を弾こうか思案中なので、みなさんのおすすめを教えていただきたいです
有名な第1主題が登場するまでの30秒間ほどの序奏が意外に難しく、弾く人の前に立ちはだかる高い壁という印象があるようですが、 その次の第1主題(まずは簡易版で登場)は結構弾きやすいですので、まずここから弾いてみることをおすすめします 9-2)、雨だれの前奏曲、 華麗なる大円舞曲(ワルツ第1番変ホ長調Op. この曲は演奏時間が12分~14分を要する大曲で、非常に自由な構成の作品ですが、ポロネーズリズムを持つ変イ長調の主題を第1主題とすると、 長大な序奏とコーダを持つ変則的な3部形式ととらえることができます
その意味でも、 ここでは、易しい曲だけでなく、難曲も含めて、「ショパン名曲集」に名を連ねる超有名な 作品を挙げ、個人的に感じた難易度をつけました この部分は最初テンポが遅いために、何を練習しているのかとどうしても疑問に思えてしまうかもしれませんが、毎日少しずつテンポを上げていけば、しだいに必ず形になっていくはずです
たくさんの有益な回答ありがとうございました ユニゾンと重い和音がアッチェレランドとリタルダンドを繰り返しながら 不気味に繰り返され、重々しい和音の連打とともに第一主題が暗い激情とともに大爆発します
68 27