最後 に ひとつ だけ お願い し て も よろしい でしょ うか 小説 家 に な ろう。 メランコリア|MOVIE WALKER PRESS

突然変なこと言ってしまって驚きましたか?」 気づかないうちに涙が零れていた。
たいしたことのないことばも、ちゃんとうけとめたから、すごくつらくなっていった 「花が1りん、ぼくのもので、まいにち水をやります
女学生がどんなに急いで歩いても、いつも女房の方が一足先に立って行く お母さまは、燃やすための薪だもの、と冗談をおっしゃって私をなぐさめて下さったが、しかし、あの時に風が強かったら、西山さんのお嫁さんのおっしゃるとおり、この村全体が焼けたのかも知れない
約束していたもんね 脳の奥が痺れて、腕に力など入らなくなった
ぼくの花は、ぼくの星を、いいにおいにした 「ぼく
「行ってはならん、そちを、だいじんにしてやるぞ!」 「それで、なにをするの?」 「む……ひとをさばくであるぞ!」 「でも、さばくにしても、ひとがいないよ!」 「それはわからん ひこうきだよ
・・・Hしてる時だけ真理子って呼んでいいでしょ!」 「・・・・だめよ 」 「じゃあ、今度はこっちにしよ」明るい言い方だった
」 顔が一瞬で火照ったように熱くなりました 少女のような悲鳴をあげるのは、なんとか堪えることができた
36 13
私は、ふとあの若い将校を、前にどこかで見かけた事があるような気がして来て、考えてみたが、思い出せなかった。 私はただ寝ているだけで、何もできなかった。 」 ぼくはかいてみた。 その胸に、奇妙な、臭い一匹の虫がいます。 彬を愛するという事は母親とし てであって夫としてではありません。 シュールなショートムービーにまとめておけば面白かったものを、無理やり他の話と抱き合わせて引っ張った挙句、最後は仰々しい演出で芸術に見せかける。
90