足元 を 見る。 ことわざ「足元を見る」の意味と使い方:例文付き

足元を見るの文章・例文 例文1. おそらくブランドを見るよりもメンテ状況をみているのでしょう 例えばいま(2020年2月)を基準に考えた場合、3月決算の企業の今期・来期は以下になります
生き馬の目を抜く 「生き馬の目を抜く」は「いきうまのめをぬく」と読みます 現代のように乗り物が発展していない時代、旅の手段は自分の足で歩くか駕籠かきや馬方に運んでもらうくらいしか移動手段がなかったのです
来期という場合は「現在進行中の期の次の期」を指します 相手が反撃したり反論できないことを承知の上で、あれこれと要求を突きつけたり、要求の内容がエスカレートしていく様子を表現した言葉です
どんな場面か想像してみてください そのせいで足元を見るような態度を取る
また、同じ業界の他の銘柄の伸びと比較することで ・伸びてはいるけど他社ほど伸びておらず、競争に負けている ・他社の多くが減少する中で横ばいを維持しており、業界内での強さがある といったこともわかります 現代における「足元を見る」 現代においても足元を見て客の状態を判断し、言い方は悪いですがお金を吹っ掛けようとするということはあります
48
足元の業績がよい=値上がりする銘柄? これまで足元の業績の見方について解説してきました。 その荷物を「ベルマン」と 呼ばれる部屋までお客を 案内する係に渡して くれるのです。 歩行スピードが落ちると認知症になる確率が上がると言われています。 「足元を見てつけ上がる」という表現もまれに使われることがあります。 特にビジネスシーンにおける「足元を見る」の対義語を表現するのであれば、 ・紳士的 といった表現がふさわしいかもしれません。 しかし、会社は資金調達の際に新株式を発行したりするので、発行済株式総数は増減します。 同じような理由から 融資でお金を貸し出す 銀行員は相手の履いている 靴を見て人となりを 判断します。
83 76