保健 室 の アンウニョン 先生。 ついに公開!Netflix最新作「保健教師アン・ウニョン」の第1話をマニアが徹底解説【ネタバレあり】

日本のから見ると、とか経済危機とかちょくちょくあってよくそんなこと言えるなという感じかもしれませんが、神風というか、信じて努力して克服して自信につながってる、みたいな元祖アジアのラテンなノリの、都合の良い解釈があるのかもしれません 「私はこの物語をただ快感のために書きました
アン・ウニョンは、男子生徒のエッチな想像の塊をぶった切ったり、生徒の脇毛を韓国の伝統飾り結びにしたりと、はちゃめちゃなんです この手のは日本でもいくらでもありそうなので、いくら大型書店の海外小説コーナーの一大派閥が韓国小説だからって(ほんと中国が、韓寒とかですらロクに訳されてないのに比べ、どこに韓国小説翻訳の需要がとよく思う)わざわざ日本市場に韓流ジュヴナイルで殴り込みかけなくてもという気もします
「保健室のアン・ウニョン先生」もドラマ化が決定したそうだが、こちらも楽しみです 日本でも翻訳本が出版されている、チョン・セランの小説「保健室のアン・ウニョン先生」を実写化した、全6話のドラマシリーズなのですが、予告編の映像からは霊能力を持つ保健の先生が、悪霊や妖怪から生徒たちを守るポップなゴースト退治もの? そんな印象を受ける本作
加えて、木蓮高校の生徒たちを演じる個性的なキャスト陣の演技のおかげで、霊に憑依された生徒たちの集団パニックシーンが迫力満点の見せ場となっている点も、本作成功の要因となっているのです 心配したウニョン先生は、彼の担任で漢文教師のホン・インピョに相談します
斎藤真理子(さいとう・まりこ) 1960年新潟生まれ ドラマの登場人物に、ヘミン(ソン・ヒジュン)と呼ばれる少女がいる
『保健室のアン・ウニョン先生』は、これまでも精力的に韓国の文学を翻訳、出版してきた亜紀書房の、新しい文学シリーズの1作目である そしてウニョンのパートナーとなる漢文担当教師のホン・インピョは、バイク事故の後遺症から足に障害を抱えており、走ったり運動したり出来ない、いわゆる「男らしさ」とは程遠い男性だったりする(そしてこちらもビジュアル的には相当地味)
は酒、宋詩は茶にたとえられることがあります その転覆こそが、原作、脚本、演出、プロデューサー、制作会社代表、そして主演俳優(ウニョン役のチョン・ユミは映画『82年生まれ キム・ジヨン』の主演でもある)までが皆女性という環境で作られたドラマであることの意味、そしてそれを世界に向けて実現してみせる圧倒的な勢い
それと同時に、年を重ねるにつれ損得で動くようになっていた自分に、ハッとしました ドラマ『保健教師アン・ウニョン』は、9月25日からNetflixで独占配信スタート
ドラマ版の予告編では、原作にも登場する英語教師マッケンジーらしき人物の姿も確認できる インピョは足が不自由で、満足に走ることができない
それに対して、多くの場合、子どもや若者を守るという使命感に駆り立てられて、ごく普通の人々が、知恵と協力を最大限に駆使して反撃するのである ホン・インピョ役のナム・ジュヒョクはドラマ「ハベクの新婦」などで人気の若手俳優
65 36