コロナ ナプキン。 コロナ危機で「生理の貧困」が激増 日本も生理用品を無償配布へ 3割近くが代用品使う(木村正人)

「惨めでした」と振り返る。

しかし両者とも、ナプキンの無償配布や非課税化で救われる人もいることは事実だ。

先日、#生理の貧困が話題になった。

兵庫県明石市は4月から市立小中学校や公共施設などで配布する。

【関連】 生理用ナプキンを無料配布する取り組み 海外の一部の国では、政府が生理用品を無料で配布したり、軽減税率を導入したりする取り組みが行われているが、日本では国による生理用品の無料提供などの政策はない。

セクハラ被害を訴える MeToo運動にパンプスを強制される職場に疑問を投げかける#KuToo運動など、まさに2020年代のフェミニズムの台頭といったところか。

そのため、中国では市民の不安心理につけこんで、マスクを通常の10倍の価格で販売したり、粗悪品を売りつけたりしている人や業者を摘発している状況です。

女性の生理は表だって語られることが少なく「生理の貧困」を巡る問題は埋もれがちだったが、民間団体の調査などによって近年、世界的に関心が高まった。

そんな中、ショッピングモールの女性用トイレに無料の生理用ナプキンを配布する実証実験が行われている。

母子手当を含めても月10万円ほどだ。

7

他人をおとしめたってあなたは幸せになれるわけじゃない。

また、専用パウダーで肌をサラサラにしておくのも良いでしょう。

「私は女3人家族だけど切り詰めて上手くやりくりしてたよ!!うまくやれないのは贅沢してるからでしょ!」 なんのマウント~どんだけぇ~! ふざけるのはこのくらいにして。

トイレットペーパーを重ねたナプキンを自作し、テープで下着に固定したが、すぐに経血が付着したり横漏れしたりする。

昨今、世界的に注目されている社会問題で、昨年、英スコットランドでは生理用品の無料提供を定める法律が成立し、世界を驚かせた。

行政と連携し、学校や公共施設で無償で手に入る仕組みを作りたい」と話す。

21

それが人権だ あれを削れ、これを削れの先に残る生活は、はたして人間らしい最低限度の生活と言えるのだろうか? 弱者にやさしい社会は、強者の特権が脅かされる世界ではない。

生理用品以外のものを使った人は27%、交換頻度を減らした人も37%いた。

25歳を境に膣内の常在菌が減少し、30代から膣まわりの抵抗力が弱まってくる人もいます。

来場者(右)に生理用品を手渡すハーモニーネット未来のスタッフ(笠岡市) 経済的な理由で生理用品を買えない「生理の貧困」に悩む女性が、中国地方でも少なくない。

弱者が憎くてぶっ叩かなきゃ気が済まない。

生活保護などで生活の底上げが必要なのはもちろんだが、それは別の議論だ。

肌が湿った状態で、ナプキンに吸収されなかった経血や湿気による汗がさらにショーツ内の湿度を高め、肌を刺激します。

89