次期 フィット に も 搭載 する ホンダ の i mmd 用 セグメント コイル モーター。 ホンダ、新型「シティ ハッチバック」と「シティ e:HEV」をタイで発表

最高回転数は従来の10,500rpmから4代目プリウスと同じ17,000rpmとなり、高回転化によるモーター小型化の思想は4代目プリウスから引き継がれている。

今後の需要増に備えてアライアンスを強化 i-MMDモーターはホンダ浜松工場で内製されているが、グローバルでの需要を鑑み日立オートモティブシステムズと連携。

タイで発表された新型シティ ハッチバック 本田技研工業の現地法人であるホンダ オートモービル(タイランド)カンパニー リミテッドは11月24日(現地時間)、新型コンパクトカー「CITY HATCHBACK(シティ ハッチバック)」と、ハイブリッドモデル「CITY e:HEV(シティ イーエイチイーブイ)」を発表した。

グラグラと傾くような感じは皆無で路面に貼り付いたように曲がる。

それ以上に凝ったシステムを持つのがホンダのハイブリッド「i-mmd」。

さらに、低速・中速域をシリーズ方式で、高速域をパラレル方式で走行するというように、EV走行からハイブリッド走行までをシームレスに切り替えるシステムである。

発電方法において化石燃料を使用する比率が欧州の主要国や米国では50~70%程度だという。

期待のe:HEVをじっくり眺めてみよう。

パワフルでスポーティなデザインの新しいハッチバックと、充実した先進機能を持つシティ初のハイブリッド車両であるe:HEVには、スポーツハイブリッドi-MMDシステムとホンダセンシングなど、インテリジェントセーフティテクノロジーを搭載。

現行型フィットは2019年7月販売終了 フルモデルチェンジは来年2月以降 当初年内10月に発売予定だったのだがブレーキ部品の不具合が判明した為発売を延期 、予約販売開始時期判明次第お知らせ 中国でのfit evの発売価格の目標としては日本円で200. また、ハイブリッドドライブトレインに搭載するホンダE:テクノロジーやe:HEVといったさまざまなエネルギー管理技術と、事故(衝突)のない社会に向けてインテリジェントな安全技術「ホンダセンシング」をシティに搭載します。

73

CR-Vで唯一、気になったのはステアリングインフォメーションが期待値よりも少なかった点。

そのために、今後はi-MMDの拡大を中心的な存在にしていくという。

0Lの2機種あり、どちらもアトキンソンサイクルを採用している。

三部氏は、 「日本の電動化比率は3割弱なので、大して高くない目標だと感じるかもしれない。

レジェンドやNSXなどの大型車に搭載される3モーターの「SH-AWD」。

12
5L VTECエンジンはアトキンソンサイクルで、最大熱効率を40%にまで引き上げられている フィット新型モデルの最新ニュースや自動車ライターによる試乗記事を多数掲載
プラチナホワイト・パール&ブラック(82,500円高)• エンジンはi-VTEC機構を搭載した4気筒1. 発電にともなう電気伝達系の効率とエンジン熱効率が向上していけば、いわゆるシリーズ式ハイブリッドでも優位に立てる、との目標のもと開発を進め、2013年にデビューしたアコードハイブリッドで初めて採用された その対策の第1弾としてi-MMDを搭載したCR-Vを欧州市場に投入したというわけだ
2019年3月上旬、ホンダは電動化の中心的役割に位置付けたi-MMDのテクニカルワークショップを開催し、今後のホンダ車の中心的システムはi-MMDとしていく説明があった ホンダは電動車のベースとなるハイブリッドの効率をさらに向上させること、それと共に、PHEVやZEV(Zero Emission Vehicle)の導入を加速させ、電動車両においてもそれなりに台数を出していく必要がある
そこで今後はi-MMDを主力にHEVやZEVを展開していく戦略です」とした バッテリーや電動コンポーネントなど、重量物を低い位置に搭載したことで、低重心化を実現し、スムーズで安定感のある走りをもたらしています
ホンダ次期フィットの最新情報を紹介!2019年にフルモデルチェンジ予定の4代目フィット 日常的な発進・加速でその違和感を感じることはほとんどない
太陽光発電の売電価格は、売電価格を国が保証する固定価格買取制度 fit法 によって安定してきました パワフルな走りと環境性能を両立するため、駆動用と発電用の2つのモーターを搭載
71